1. 不動産情報募集

不動産情報募集

ストレージプラスでは、幅広い不動産情報をお待ちしております。
 下記の出店希望条件をご覧ください。

希望出店エリア・立地

出店エリア:国道16号線内側(千葉県・埼玉県内に就いては、個別検討)
(1)中高層住宅が多く、人口密度(特に家族世帯割合)の高い地域
(2)車でのアクセスが前提で、駅歩10分以上で可
(3)現地看板効果が望める、視認性の良い立地が望ましい
重点地域
(1)東京湾岸地区:大田・品川・港・江東・墨田、江戸川・浦安など
例:分譲マンション不向きな小振りの土地、戸建不向きな立地
(2)山の手住宅地区:港・文京・新宿・渋谷・豊島・中野・目黒など
例:環七以遠の狭小間口の商業不向きな小振りの土地
(3)ベッドタウン地区:川崎市・横浜市の東急・小田急等の沿線(駅距離問わず)
例:ロードサイド型コンビニ等を1階に誘致し、上部を活用する

希望条件

希望条件
土地 (1)「倉庫業を営まない倉庫」が可能であること
A建基法:住居専用地域以外
B都建築安全条例:前面道路幅員6m以上
(2)敷地面積:50坪~200坪程度(延床で100坪~500坪程度建築可能であること)
(3)間口:5m程度必要 (間口は5mの倍数が望ましい)
建物(1)適法建物:確認申請等の書類があること
(2)竣工:平成元年以降(=新耐震、アスベスト)
(3)駐車場:既設・併設が望ましい
(4)アクセス:バリアフリーかつ24時間入退室が原則

取組方式の種類

権利形態取組方針
取得型既存建物転用型将来の流動化、かつ用途変更手続き対応可能な物件
区分所有型将来の流動化対応が難しいため、一部分取得は難しい
更地開発型将来の流動化対応可能な物件
賃借型既存建物活用型用途変更要否の確認必要。賃借期間:10年超が原則
地上権開発型土壌汚染土地などでの取り組みを想定(所有者責任回避策)
事業用定期借地権開発型賃借期間:20年以上50年未満(できるだけ長期)
運営受託型既存建物転用型 最適土地利用法を勘案した立地評価の上、ご提案申しあげます
コンビニやコインパーキング等との複合開発もご提案可
更地開発型

一般的に、不動産は景気の影響を大きく受けますので、景気が大きく落ち込んでいる時は、 不動産を売るのも利用するのも難しいものです。 でも、ストレージプラスならばご相談に乗ることができます。
ストレージプラスが行っているレンタル収納スペース事業は不況下にあっても安定しており、景気の善し悪しに拘らず 常に出店する場所を求めています。

また、ストレージプラスは、オフィス、住宅、商業施設のような他の不動産事業では活かせなかったような物件でも、 そこにレンタル収納スペースへの需要がある限り、買い取り、有効利用のご提案をさせて頂きます。

例えば、駅から遠い、地型が悪い、陽当たりが悪い、周りの騒音が酷いというような 他の事業者が利用できないよう な不動産も、私どもならば出店できるかも知れません。

募集案内はこちら(PDF)

不動産の活用でお悩みの方は是非ストレージプラスにご相談ください。
皆様からの土地や建物の情報をお待ちしております。



PAGE TOP